医学の基礎

西洋医学で医学の基礎といったら、解剖学、生理学になります。

つまり、人間の体がどのように出来上がっているか解剖学で学びます、そして、その身体の各部品がどのような働きをしているのかを生理学で学びます。

人間の体はどのようにできているか、それがどのように働いているのかが医学の基礎というわけです。

 

これを基礎として、病気の状態はどこが、どのように異変を起こしているかを探ることになっていて、病気を治すとは、その原因を取り除いたり異変を起こしている部分を正常化するということになっています。

こう聞くと、至極当然に思えるのではないかと思います。

 

しかし、医学の基礎という認識が間違っているために、医療がうまく機能しないと私は考えています。

現代の医学は弱点だらけですが、まず思うのは医学の基礎です。

この軟弱な基礎の上に医学を組み立てているから現代の医学は、砂上の楼閣なのです。

 

005 sajou

 

Read More