腸のデトックス作用(空腹の生理)

前の記事「食料の自給率を2倍にする方法」で小食の効用、つまり食事を減らすほうが健康に良いことが広く知られてくるこにより、結果的に食料の自給率が上がるのではないかといったことを書きました。

 

その小食の効用として、あまり使われていない腸の機能についてお話ししましたが、今日はそのへんをもう少し掘り下げます。

私が「腸を健康にする、腸から健康になる」と言って快腸コース(腸マッサージのコース)を作ったのも腸を掃除する健康食品を好んでいるのも便秘を研究することも、ある学説がきっかけになっています。

 

それが「腸造血説」で包括的には「千島学説」といいます。

腸造血説は生物学者の千島喜久男博士という、私としてはノーベル賞ものの学者だと思っているのですが、その千島喜久男博士が提唱された「千島学説」の根幹部分です。

今回は、千島学説の紹介と、私の言う空腹の生理、そして腸のデトックスと言うあたりをお話しします。

 

Read More