健康のことで良くある誤解

先日、膝が痛いという方がおみえになりました。

60代くらいにお見受けしたのですが、山登りが趣味なので足・腰を鍛えるため毎日1万歩は歩いているとのことで、スクワットも毎日○○回(正確な回数は失念しました)していると言われていました。

 

お話を聞きながら、年齢からくる変形性関節症かな?などと想像していたのですが、指圧をしてみると、意外に膝が悪くないのです。

むしろ年齢のわりに、しっかりした良い感じの足をしていて、むしろ首こりや肩こりのほうが気になったほどです。

「あれ?」と思い足の他の部分を確かめて、ある仮説が浮かびました。

 

腿や膝の疲れ方に対して、ふくらはぎの疲れが少ないので、たぶん毎日歩く1万歩は平たんな道でなく登り道や階段が多いのではないかと思い、お聞きして見るとやはり、足を鍛えるために階段を多く登っているとのことでした。

衰えてはいけないから、しっかり鍛えなくては、という思いの強いタイプの方だけにそうなのですが、身体を鍛えるということについて誤解がるようでした。

 

 

Read More