「医学がこれだけ進んだのになぜ病気が治らないのか」という疑問

SUGと健康の関係

 

前回の記事でお伝えしましたSUG(世界を裏から動かす影のグループ)と健康の関係の話です。

私は健康な人と不健康な人の違いを生み出すものは何かを研究することで、健康を維持する方法論、つまり健康法のような方法論が分かると考えていましたが、ある時期から、それがバカバカしいと考えるようになりました。

テレビでも雑誌でも、こんな体操をすると良い、これを食べると良い、などなど健康の話はみんなそのレベルで語られますが、多くの人々を悩ませている健康問題を観察していると、多くの人が不健康でいる理由は、個人的な問題よりも、むしろ社会のシステムとして健康を害するような仕組みの方が問題だと分かってきました。

とてつもなく大きなウソで固められた仕組みによって、私たちの健康が蝕まれています。

個人でどうこうすることよりも、そのシステムを変えることの方が、はるかに大きな恩恵があると思います。

 

しかし、多くの方が病院は病気を治すための場所とか厚労省は国民の健康を守るための枠組みを作っているなどと、いまだに誤解しています。

「医学がこれだけ進んだのになぜ病気が治らないのか」という疑問を耳にすることがありますが、こうした疑問は、上記の誤解に基づいたものです。

 

kennkouhou001

 

Read More