村上和雄先生を知ってますか?

宇宙時代の医学 その1

 

村上和雄先生という世界で初めてヒト・レニン遺伝子のゲノム解析に成功された遺伝子研究の第一人者の先生のエピソードです、レニン? ゲノム? 等のことは、今回どうでも良いので気軽に聞いてください。

 

講演会などで良く先生がお話になる有名な話は以下のようなもので、先生がヒト・レニン遺伝子の研究をしていた頃、その研究のトップを走っていたパスツール研究所を訪問した際、パスツールの研究員に「我々はゲノム解析に9割がた成功している、今からそれをしても追いつけないからサルの遺伝子解析をすると良い」といったようなことを言われ、世界的に有名なパスツール研究所では解析はほとんど済んでいると言われ、ヒトの遺伝子解析が済んだ後にサルをしてもしょうがないしということで、どうにも絶望的な気持ちでヨーロッパでの日程を過ごしていたのだそうですが、そんな中たまたま入ったドイツの酒場でビールを飲んでいると偶然にも京都大学の中西重忠教授がその店に入ってこられたそうです。

先生は、遺伝子研究でパスツールに差をつけられ行き詰っている現状の愚痴でも聞いてもらおうと中西教授に話しかけると「遺伝子の暗号解読というのは、90%上手く行っていても最後の最後でつまずいてしまうこともある。私にできることがあれば、最大限のバックアップは惜しまないので、ヒト・レニンの研究からは絶対に降りないほうがいい」と励ましと協力の言葉をいただいたそうです。 

Read More