健康で一番大切なもの

ライトライフの説明2

健康と不健康を分けているもの

「健康と不健康を分けているものは何だろうか」治療師は折に触れてそんなことを考えているものだと思いますが、私も長い間これだなと思うところがあります。

それが「一つの不足と二つの過剰」です。

まず一つの不足ですが「運動不足」です。

やはり現代人のほとんどが運動不足になっています。

人間の身体は、基本的に動かすことにより正常に機能するように出来ていますから、まず身体を動かすということが重要です。

次に二つの過剰ですが、一つは「食べ過ぎ」です。

必要な栄養素は何がどれくらい、1日30品目は食べましょう、1日に必要なカロリーは○○キロカロリー、などという今の栄養学は完全に間違っています。

今回はお話ししませんが人間の身体には普段使われていないけど、食事を減らすことにより活性化する素晴らしい機能があります。

たいていの現代人は、基本的に消化能力以上に食べ過ぎていますが、それが習慣化しているために気がついていません。

もう一つの過剰は「考え過ぎ」です。

現代人は、頭でっかちでどうしても考え過ぎてしまいます。

ストレスという言い方にもなりますが、人生ですから嫌なこと、辛いことはあります、それがストレスとして身体に及ぼす影響は、何が起こったかよりも、それについてどう考えるかの影響が大きいということです。

もうひとつ深刻なのが、起こってもいないことを心配することです。

これは習慣化します、いろいろ気を付けることが良いことだとも教えられて来ましたが、恐れや心配を増幅するような思考は、自律神経の働きを乱し、免疫力も低下させます。

余計なことを考え過ぎないことが大切です。

それが「電子機器の使い過ぎ」です。

以上が、私が長い間、健康と不健康を分けている要素として考えてきた「一つの不足と二つの過剰」ですが、ここ数年これに、もう一つ過剰を付け加える必要性を強く感じ「一つの不足と三つの過剰」と言いかえるほうが良いな、と思うようになりました。

今回は、これがテーマではないので深入りしませんが、やはり電子機器の使い過ぎは身体に良くありません。

ライトライフのライト?

以上「一つの不足と三つの過剰」は、まあ一般的な話しで、多くの方に分かって頂きやすい話です。

今回はここからが本番の話しで「健康で一番大切なこと」です。

何かが過剰とか何かが不足とかではなく、ただ一つこれが一番大切というのがあります。

それが「波動を上げる」ことです。

これが究極的な健康の秘訣になります。

健康では、これが、あるいはこのことが健康に良いのか悪いのか判断に迷う時がありますが、波動を上げるか下げるかを基準にすること分かりやすいです。

シンプルに波動を上げることを目指せばよいのです。

前の記事で身体に取り付けた頭上の波動メーターのことです。

頭上の波動メーターは、その人の総合的な波動状態で、人間の複雑な周波数の総合的なものですが、それを上げるということです。

地球的な話しではなく、宇宙に目を向けると宇宙の人々は様々な波動域(周波数帯)で暮らしています。

いきなり宇宙人の話しをして恐縮ですが、私の中では宇宙人がいるか、いないか等というのは、すでに議論の余地のないことで、その進んだ人たちからの情報が人生や健康に対する理解の基になっています。

で、宇宙には様々な波動域で生活している人がいますが、病気が問題になるのは低い波動域の生命体だけです。

高い波動域にいる生命体には病気はありません、ですから波動を上げることが究極の健康法ということになります。

生活習慣病という言葉がありあすが、病気は基本的に思考習慣を含めた意味で生活習慣病です。

(ほんとうは生まれる前に決めてきたものもありますが話複雑になるので後に回します)小さな文字にする

生活習慣ですから治すのも予防するのも生活習慣ライフスタイルがポイントになります。

いっぽう波動が上がると物は軽くなります、そして明るくなりますが、この「軽い」「明るい」の意味でライト(light)です。

ライトなライフスタイルということでライトライフです。

ライトライフは波動を上げる生活と言った意味ですが、これをするべきとかこれをしてはいけないとかいったドグマ的なものではなく、現状を肯定してそれより高い波動を目指す姿勢ととらえてください。

より高い波動を目指す心がけといったものです。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました