コロナウイルスで始まった時代の変化

コロナウイルスは始まり

今回の新型コロナウイルスが私たちの意識や生活に大きな変化をもたらしたことは間違いありません。

この出来事が、たまたま突然変異したウイルスが人類の脅威になったという一過性のことではありません。

これは、時代の変化の始まりです。

このブログでも時代が変わると言ってきましたが、なかなか変化が表ざたになって表れないというのが正直な感覚でした。

しかし、今回のコロナウイルス騒動で、いよいよそれが本格的に始まったと実感します。

この変化は止まることなく、行きつくところまで行くのだと思っています。

今まで私たちが経験したこともない、この大きな変化の時にお話したいことは色々ありますが、とても長くなりますので、まず重要なポイントをお伝えします。

重要なことは、この変化は良い方向への変化です。

一見、世の中が暗くなるように見えても、間違いなく良い方向への変化です。

ですから、キーワードとしては「恐れない」ということです。

しばらくは荒海を航海するようなことになります。

海は荒れていても船は間違いなく、素晴らしい目的地を目指しています。

政府は人々をコントロールするためにマスコミを操作して、これからも社会の不安をあおるでしょうが冷静でいましょう。

政府の発表やマスコミ報道は、荒れる海のようなものです。

海が荒れ、船が揺れているときに近くを見て作業をしていると船酔いが酷くなりますが、そのようなイメージです。

今船は波の洗い海域を通過しているけれども、船が向かう方向は素晴らしい良い場所だと知り、落ち着いて遠くを見ていましょう。

船が目指している場所は、間違いなく素晴らしい場所です。

まだ、いろいろ起こります

とは言え、この変化はコロナの一件から本格化したところなので、これから先もいろいろなことが起こります。

年末になって今年最大のニュースが新型コロナウイルスだった、などというわけにいかないかもしれません。

どれが最大か分かりませんが、まだほかにもかなりインパクトのあることが起る、または何かが発表される表ざたになるなどいろいろあります。

こんなことをお伝えするのは、不安をあおるためではありません。

あらかじめ知って覚悟していると、それに翻弄されるような大きなインパクトにはならないからです。

パニックになっている群衆はコントロールしやすいのです、一方判断力を持ち、ほんとうは何が起こっているのかどうするのが良いのかと冷静さを失わない人々はコントロールしにくいものです。

次のインパクトに備えて、何があっても「恐れない」ことで、コントロールに強くいられます。

行きつく先は良い変化ですので、それを知っていれば、次に起こることのインパクトは大したものに感じません、ですから慌てることもありません。

(ちなみにですが、次のインパクトはコロナの第二波ではありません。)

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました