サムシンググレート

宇宙時代の医学 その2

 

前回は村上和雄先生の人柄を表すエピソードを紹介しました。

村上先生を有名にしたのは世界で初めてヒト・レニン遺伝子のゲノム解析に成功したということもありますが、サムシンググレートという言葉を世に広めたということも大きいように思います。

 

Read More

村上和雄先生を知ってますか?

宇宙時代の医学 その1

 

村上和雄先生という世界で初めてヒト・レニン遺伝子のゲノム解析に成功された遺伝子研究の第一人者の先生のエピソードです、レニン? ゲノム? 等のことは、今回どうでも良いので気軽に聞いてください。

 

講演会などで良く先生がお話になる有名な話は以下のようなもので、先生がヒト・レニン遺伝子の研究をしていた頃、その研究のトップを走っていたパスツール研究所を訪問した際、パスツールの研究員に「我々はゲノム解析に9割がた成功している、今からそれをしても追いつけないからサルの遺伝子解析をすると良い」といったようなことを言われ、世界的に有名なパスツール研究所では解析はほとんど済んでいると言われ、ヒトの遺伝子解析が済んだ後にサルをしてもしょうがないしということで、どうにも絶望的な気持ちでヨーロッパでの日程を過ごしていたのだそうですが、そんな中たまたま入ったドイツの酒場でビールを飲んでいると偶然にも京都大学の中西重忠教授がその店に入ってこられたそうです。

先生は、遺伝子研究でパスツールに差をつけられ行き詰っている現状の愚痴でも聞いてもらおうと中西教授に話しかけると「遺伝子の暗号解読というのは、90%上手く行っていても最後の最後でつまずいてしまうこともある。私にできることがあれば、最大限のバックアップは惜しまないので、ヒト・レニンの研究からは絶対に降りないほうがいい」と励ましと協力の言葉をいただいたそうです。 

Read More

あけまして、おめでとうございます。

 

 

去年は、世界的に大きな変化があった年でしたが、皆さんはどんな年だったでしょうか。

去年の初めに、今年はディスクロージャー(真実開示)の年になるのでは、とこのブログに書きましたが、ある程度そんな年でした。

今年はさらにディスクロージャーも変化も加速する1年になるような気がします。

 

大きな変化の年

 

今年は大きな変化が目に見える形で始まるようです、とはいえ去年からイギリスのEU離脱、アメリカの大統領選挙など様々な変化が目に見える形で始まっていますが、今年はそれがさらに拡大し加速するのでしょう。

 

去年、アメリカの大統領選挙ではトランプ氏が勝ったというか、ヒラリー・クリントン氏が負けました。

このブログは健康問題が主なテーマなので、アメリカの大統領選挙は確かに大きな変化でも健康の話とは全く関係ないでしょうと感じる方が多いのではと思いますが、ところが、ところが、これが健康の世界でも天地がひっくり返ったと言えるくらい大きな出来事なのです。

健康の世界でも、完全に分岐点を超えました。

Read More

「医学がこれだけ進んだのになぜ病気が治らないのか」という疑問

SUGと健康の関係

 

前回の記事でお伝えしましたSUG(世界を裏から動かす影のグループ)と健康の関係の話です。

私は健康な人と不健康な人の違いを生み出すものは何かを研究することで、健康を維持する方法論、つまり健康法のような方法論が分かると考えていましたが、ある時期から、それがバカバカしいと考えるようになりました。

テレビでも雑誌でも、こんな体操をすると良い、これを食べると良い、などなど健康の話はみんなそのレベルで語られますが、多くの人々を悩ませている健康問題を観察していると、多くの人が不健康でいる理由は、個人的な問題よりも、むしろ社会のシステムとして健康を害するような仕組みの方が問題だと分かってきました。

とてつもなく大きなウソで固められた仕組みによって、私たちの健康が蝕まれています。

個人でどうこうすることよりも、そのシステムを変えることの方が、はるかに大きな恩恵があると思います。

 

しかし、多くの方が病院は病気を治すための場所とか厚労省は国民の健康を守るための枠組みを作っているなどと、いまだに誤解しています。

「医学がこれだけ進んだのになぜ病気が治らないのか」という疑問を耳にすることがありますが、こうした疑問は、上記の誤解に基づいたものです。

 

kennkouhou001

 

Read More

乳酸菌の話し

少し前ですがNHKで乳酸菌の特集番組が放送されました。

たまたま途中から見た程度なので何とも言えないのですが、乳酸菌といえば、お腹の調子を整える、便秘や下痢に良いというイメージが強いと思いますが、今回のNHKの取り上げ方では健康や肥満を左右する、病気を治す大きなファクターである、といった取り上げ方でした。

確かにそうした側面があることは以前から言われていることで何も目新しいことでないのですがNHKの番組になると、何か画期的なことが発見されたように感じさせるところが番組構成の妙だなと、そんなところに感心しました。

 

私自身も腸マッサージや便秘解消の研究などに伴い、腸内微生物と健康の問題は、ある程度、勉強、研究をしてきましたので、とうぜん私なりの見解を持っています。

そうした意味で、乳酸菌など微生物と健康については、多くの方が間違って認識している部分があるように思えますし、今回のNHKの番組の中でも誤解や認識のずれがあったと思います、今回は、そうした部分を私見も含めて少し書いてみたいと思います。

 

まず良くあるのが「腸内の善玉菌のエサになり・・・」という言い方です。

食物繊維、オリゴ糖、はじめ○○が腸内微生物のエサになり腸内の善玉菌を増やします、のような言い方を皆さんも良く目にすると思うのですが、これは完全な誤解です。

 

Read More