サムシンググレート

宇宙時代の医学 その2

 

前回は村上和雄先生の人柄を表すエピソードを紹介しました。

村上先生を有名にしたのは世界で初めてヒト・レニン遺伝子のゲノム解析に成功したということもありますが、サムシンググレートという言葉を世に広めたということも大きいように思います。

 

Read More

乳酸菌の話し

少し前ですがNHKで乳酸菌の特集番組が放送されました。

たまたま途中から見た程度なので何とも言えないのですが、乳酸菌といえば、お腹の調子を整える、便秘や下痢に良いというイメージが強いと思いますが、今回のNHKの取り上げ方では健康や肥満を左右する、病気を治す大きなファクターである、といった取り上げ方でした。

確かにそうした側面があることは以前から言われていることで何も目新しいことでないのですがNHKの番組になると、何か画期的なことが発見されたように感じさせるところが番組構成の妙だなと、そんなところに感心しました。

 

私自身も腸マッサージや便秘解消の研究などに伴い、腸内微生物と健康の問題は、ある程度、勉強、研究をしてきましたので、とうぜん私なりの見解を持っています。

そうした意味で、乳酸菌など微生物と健康については、多くの方が間違って認識している部分があるように思えますし、今回のNHKの番組の中でも誤解や認識のずれがあったと思います、今回は、そうした部分を私見も含めて少し書いてみたいと思います。

 

まず良くあるのが「腸内の善玉菌のエサになり・・・」という言い方です。

食物繊維、オリゴ糖、はじめ○○が腸内微生物のエサになり腸内の善玉菌を増やします、のような言い方を皆さんも良く目にすると思うのですが、これは完全な誤解です。

 

Read More

腸のデトックス作用(空腹の生理)

前の記事「食料の自給率を2倍にする方法」で小食の効用、つまり食事を減らすほうが健康に良いことが広く知られてくるこにより、結果的に食料の自給率が上がるのではないかといったことを書きました。

 

その小食の効用として、あまり使われていない腸の機能についてお話ししましたが、今日はそのへんをもう少し掘り下げます。

私が「腸を健康にする、腸から健康になる」と言って快腸コース(腸マッサージのコース)を作ったのも腸を掃除する健康食品を好んでいるのも便秘を研究することも、ある学説がきっかけになっています。

 

それが「腸造血説」で包括的には「千島学説」といいます。

腸造血説は生物学者の千島喜久男博士という、私としてはノーベル賞ものの学者だと思っているのですが、その千島喜久男博士が提唱された「千島学説」の根幹部分です。

今回は、千島学説の紹介と、私の言う空腹の生理、そして腸のデトックスと言うあたりをお話しします。

 

Read More

食料の自給率を2倍にする方法

食料の自給率といえば、私が得意とする健康の話題というよりも国家戦略的な問題といえそうですが、実は健康問題からもお話しすることができます。

 

日本はアメリカの属国のようなものであるということに異論のある方は少ないと思います。

勿論それは、このブログの流れでは、アメリカというよりも「世界を裏から支配する影の組織」ということで、その組織がアメリカを動かして日本に圧力をかけている構造です。

日本の首根っこを押さえておくためにも、また日本の国民に農産物を買い続けさせるためにも、日本の食料自給率は低く保つ必要がありますから日本政府に圧力をかけて自給率を上げさせないようにしています。

 

私は、健康について研究していますが、今、健康にかかわることで、多く方に知られつつある事実があります。

この知識が広く知られてくることにより食料の自給率が上がってくることになると思えるので、今日はその辺のお話しをします。

 

Read More

首こりと視力の関係

雑誌やホームページを読んでいると目が悪くなったから、首や肩がこるという理論が目につきます。

メガネが合わないから、首こりが悪化している、といった論調です。

 

010 kubikori02

 

それはそれで確かにそうした側面もあるのですが、私が治療所で実感している、そうではない側面もあります。

つまり目が悪くなる→首こり、という方向だけではなく、首こり→視力の低下、という流れもあるということです。

首から肩にかけての凝りは視力と深く関係していますが、今日はそのへんの話しです。

 

Read More